会告(8月)2020年度 第2回 画像等手術支援 認定講習会の開催について

生涯学習
2020.08.01
2020年8月1日
公益社団法人 日本診療放射線技師会
会長 上田 克彦
 3次元画像における情報は診断・治療に大いに貢献している画像情報です.これらは放射線診断装置からの画像データを基に作成されており,そのデータの品質管理,作成および配信はおおむね診療放射線技師が日常行っている業務です.ここで把握していただきたいことは,すでに3次元画像は手術手技料で算定されている領域が画像等手術支援K939(3次元画像)で明記されています.手術支援の画像配信は医療安全の確保が第一条件でなければなりません.しかし,施設間・作成者間で3次元画像の質に隔たりがあるのが現状です.そのため疾患別に標準レベルの画像構築についての基礎講習会を設けることになり,認定または専門技術の向上を図るため,2016年度から画像等手術支援分科会を発足するとともに,認定制度として活動しています.その本年度2回目の画像等手術支援認定講習会を下記の要領で開催致します.
講習会名 2020年度 第2回 画像等手術支援認定講習会
開催日 2020年10月10日(土)・11日(日) 
10日(土) 13:00〜18:20,11日(日) 9:00〜12:10
開催会場 札幌医科大学 臨床教育研究棟 1階 講堂
〒060-8556 北海道札幌市中央区南1条西16
定員 100人
受講料 10,000円 ただし,会員は3,000円
申込方法 JART情報システム内のメニュー「生涯教育・イベント参加のお申し込み」からお申し込みください.
※JART情報システムに利用登録していない非会員の方は,まず本会ホームページ「ログインはこちらから」より新規利用登録を行ってください.
会員情報システム(JARTIS)更新に伴い,従来のお申し込み方法より変更になる場合がございますので,マイページの情報をご確認ください.
受講料払込 会員情報システム(JARTIS)更新に伴い,これまでご要望が多数ありましたクレジットカード払い(申込時)ができるように変更となりました.
申込期限 2020年9月27日(日)まで
プログラム 10月10日(土)
13:10〜14:10(60分) 可視化技術(3次元画像化)画像処理表示法
14:10〜15:10(60分) 臨床(病態解析診断学7)救急領域
15:20〜16:20(60分) 臨床(病態解析診断学2)心血管・大血管領域
16:20〜17:20(60分) 臨床(病態解析診断学3)消化管領域
17:20〜18:20(60分) 臨床(病態解析診断学4)胸部領域

10月11日(日)
09:00〜10:00(60分) 臨床(病態解析診断学5)脳神経・頭部領域
10:00〜11:00(60分) 臨床(病態解析診断学6)骨軟部領域
11:10〜12:10(60分) 臨床(病態解析診断学1)腹部領域

*本年度はCOVID-19で全ての学術活動が延期・中止となっておりましたが,本会が示す「会場型講習会開催ガイドライン(新型コロナウイルス感染対策)」の下で講習会を実施致します.参加者はマスク着用が必須となりますのでご持参ください.
本件に関するお問い合わせ 公益社団法人日本診療放射線技師会
 TEL:03-5405-3612
インターネットからは、本サイトの「お問い合わせ」より
 以上
ページトップへ