放射性医薬品取り扱いガイドライン講習会ワーキンググループより「放射性医薬品取り扱いガイドライン講習会受講更新のご案内」が届いています。

お知らせ
2018.06.04
会員の皆様におかれましては、平素より放射性医薬品の安全管理・安全使用の体制の確保にご尽力頂いていることと存じます。これを支援するため、日本核医学会、日本核医学技術学会、日本診療放射線技師会、日本病院薬剤師会の4団体は共同で放射性医薬品取り扱いガイドラインを作成しました。放射性医薬品管理者や調製担当者の方には、その内容をご理解頂き、実践して頂くため、放射性医薬品取り扱いガイドラインの講習会を受講して頂くことをお願いしているところです。
また、調製担当者は当該講習会を5年ごとに受講することをガイドラインの中で謳っています。前回の講習会受講から5年以上経過されている会員の皆様におかれましては、再度当該講習会を受講・修了頂き、放射性医薬品取り扱いに関する知識・技術の再確認を頂けますようお願い申し上げます。

放射性医薬品取り扱いガイドライン講習会ワーキンググループ
ページトップへ