令和4年度診療報酬改定へ向けたアンケート調査(お願い)

回答期限延長:2月末→2021年3月10日(水)

  2021年2月1
公益社団法人日本診療放射線技師会
会長 上田 克彦
 会員の皆様には日頃より本会活動にご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 本会では、診療報酬改定の要望提出のためアンケート調査を隔年毎に実施しておりますが、今回は例年と異なり診療報酬立案に特化したアンケートを実施するため、診療報酬改定の要望として「診療用放射線安全管理」「感染防止対策」の2項目を中心とした設問で構成されています。
 今回の調査では、これまで回答者各位から寄せられているご意見を反映し、「回答が容易であること」「回答時間の短縮」をはかるべく、インターネット(Web)上で、直接入力(回答)できる方式を採用させて頂き、設問数を大幅に減らしました。
 会員の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症対応でご多用とは存じますが、 この調査に多くの施設がご回答いただくことで信頼性も向上し、データとしての価値も高まりますので、是非とも本調査にご協力頂けますよう、お願い申し上げます。
  記
1.調査名 令和4年度診療報酬改定へ向けたアンケート調査
2.調査期間 2021年2月1日(月)〜 2021年2月28日(日)
→3月10日(水)まで期限延長
3.調査対象 診療放射線技師長、医療技術部長等、管理職の方。
4.調査方法・調査内容 この調査はインターネットを使用しての回答をお願いする形で実施します。
5.調査の趣旨 令和4年度診療報酬改定の要望「診療用放射線安全管理」「感染防止対策」へのアンケート調査です。
6.回答に際しての
  注意事項
回答中に「入力内容保存」の機能はありませんので、回答される前に、設問内容PDF版にて設問詳細内容をご確認の上回答いただきますとスムーズに進めることが出来ます。
尚、アンケート入力画面は、ブラウザを閉じたり電源を落とさない限りはタイムアウトになりません。
7.生涯学習カウント
  付与について
1施設、1回答になりますが、協力した会員に社会活動カウント10カウントが付与されます。
また、アンケート入力画面に20名までの協力者情報入力枠を設けています。20名以上の場合は問い合わせ先にご連絡下さい。
8.調査情報の
  取扱いについて
本調査により得られた情報は、本会による令和4年度診療報酬改定の要望書へのアンケート調査のみに利用されるものであり、個人を特定する内容での公表はいたしません。
調査の回答は集計処理を行い、結果を日本診療放射線技師会誌に掲載されます。
 問合せ先 公益社団法人 日本診療放射線技師会
(診療報酬政策立案委員会 委員長 藤井雅代)
 以上
ページトップへ