令和2年度診療報酬改定の影響調査(お願い)

  2020年6月1
公益社団法人日本診療放射線技師会
会長 中澤 靖夫
 会員の皆様には日頃より本会活動にご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 令和2年度の診療報酬においては、画像診断管理加算1、2、3の点数評価は変わりませんが、加算2と加算3の施設基準にMRIの安全管理項目が追加されました。新設・見直された項目に共通するのは、安全管理と検査を施行する際の医学的根拠について診療報酬明細書に摘要記載するなどガイドラインやエビデンスを重視した考えです。
 本会では、診療放射線技師の付加価値労働について可視化、評価に結びつけるためにアンケート調査を行い要望書の作成をして参りました。アンケートは、我々の実態を映しだし、価値を可視化させる鏡であり、エビデンスとして評価されます。

 本アンケート調査は、診療報酬改定から2ヶ月が過ぎ、その影響等を検証し、令和4年度の診療報酬に向けた準備の一環として進めるためのもので、今回も前回以上に多くの回答数を集めるべく、広くアンケートのお願いをさせて頂く次第です。

 会員の皆様には、新型コロナウイルス感染症等への対応により、ご多用中のところ大変恐縮ですが、是非ともご協力くださいます様、お願い申し上げます。
  記
1.調査名 令和2年度診療報酬改定に対する影響調査
(令和2年度診療報酬改定に対する各施設診療放射線技師業務の影響調査を目的としています。)
2.調査期間 令和2年6月1日(月)〜 令和2年7月31日(金)まで
3.調査対象 医療機関に勤務し、診療放射線業務を行っている方が対象です。
ただし、1施設、1回答を原則とします。
4.調査方法・調査内容 この調査は電子ファイル(Excelファイル)をダウンロードし、回答を入力の上、当該ファイルを電子メールにより返信して頂く形で実施します。

ダウンロードファイル(ページ下方よりダウンロード可能)
1)Excelファイル調査票 (アンケート設問・回答)
2)Excelファイル協力者一覧
5.回答に際しての
  注意事項
1)Excelファイルでの回答は、必ずOSをWindows7以降で行ってください。
2)回答ファイルには、施設情報がありますので、パスワード設定(下記「Excelファイルのパスワード設定法」参照)をしてください。
3)ファイル名は、「〇〇県〇〇〇病院」と明記してメールに添付し、
診療報酬政策立案委員会
shinryohoshu.chosa2020@jart.or.jp
へ送信ください。
4)パスワードは、別のメールで、同じく shinryohoshu.chosa2020@jart.or.jp
へ送信ください。
5)回答は、令和2年7月 31日(金)までに送信ください。
6.Excelファイルの
  パスワード設定法
1)パスワードを設定するファイルを開きます。
2)リボンから「ファイル」タブをクリックして、「名前を付けて保存」をクリックします。
3)「名前を付けて保存」が表示されます。
4)「全般オプション」が表示されます。
5)「パスワードの確認」が表示されますので読取パスワードのみ設定して下さい。
7.動作環境の確認 1)対象 OS:Windows7以降で動作確認をしています。
2)動作環境:表計算ソフト office 2010 以降で動作確認をしています。
3)Apple 社の環境において互換性はありません。
8.生涯学習カウント
  付与について
本調査は1施設1回答となりますが、ご協力いただきました全会員に社会活動カウント10カウントが付与されます。
返信メールに必ず協力者一覧ファイルを添付して下さい。(会員番号のみ入力)
9.調査情報の
  取扱いについて
 本調査により得られた情報は、本会による令和2年度診療報酬改定に関する影響調査のみに利用されるものであり、個人を特定する内容での公表はいたしません。
 調査の回答は統計処理を行い、結果を日本診療放射線技師会誌に掲載致します。
 問合せ先 公益社団法人 日本診療放射線技師会
(診療報酬政策立案委員会 委員長 藤井雅代)
 以上
ページトップへ