認定資格とは

 日本診療放射線技師会では、以下の5つの資格について認定しています。これら認定資格はそれぞれの専門知識や技能に必要な教育を受け、本会が実施する認定試験に合格し、その能力が認められた者に与えられる資格です。なお、これら認定資格は医療技術の進歩や最新の知識や技能を身に付ける必要があるため、5年ごとの更新制度を採用しています。

放射線機器管理士

放射線機器管理士
 医療施設における放射線関連機器の特性を理解し、その安全かつ適切な利用のために性能維持と安全確保を通じて良質かつ安全な医療を提供することを目的としています。放射線機器管理士の講習内容は、関係法令、医療施設管理総論、医療機器管理総論、診断用エックス線装置、エックス線CT装置、医用電子加速装置、MRI装置、核医学装置、超音波画像診断装置となります。
 なお、放射線機器管理士を取得するためには、e-learningによる在宅講習を受講し、認定試験に合格する必要があります。

放射線管理士

放射線管理士
 医療施設にて放射線の安全管理や医療被ばくの低減に努めるとともに、緊急被ばく医療へ対応できる知識や技術を身に付け、国民の安全確保に努めることを目的としています。放射線管理士の講習内容は、関係法令、医療施設等における人に関する放射線安全管理、医療被ばくの低減、緊急被ばく医療(基礎編)、緊急被ばく医療(実践編)、緊急被ばく医療(心理編)、平常時の放射線に関する健康相談、放射線管理士の役割、原子力関連施設、気象学となります。
 なお、放射線管理士を取得するためには、e-learningによる在宅講習を受講し、認定試験に合格する必要があります。

医療画像情報精度管理士

医療画像情報精度管理士
 医療画像情報の運用管理に関する知識を修得し、より良い画像情報を提供するため医療画像情報の適切な利用、管理を行うことを目的としています。医療画像情報精度管理士の講義内容は、デジタル画像、圧縮技術、コンピュータの基礎、ネットワークの基礎、 PACS(運用・保守管理)、医用画像表示装置、DICOMの基礎、標準規格、精度管理・画像評価、医療における個人情報保護、情報セキュリティ、放射線情報システムです。
 なお、医療画像情報精度管理士を取得するためには、e-learningによる在宅講習を受講し、認定試験に合格する必要があります。

臨床実習指導教員

臨床実習指導教員
 診療放射線技師を目指す学生の指導のみならず、医療施設にて放射線技術の教育指導を効果的に行うための指導者として知識を習得するとともに、臨床実習の効果的な実施と診療放射線技師の資質向上を図ることを目的としています。臨床実習指導教員としての講義内容は、実習施設指導者として必要な知識、臨床実習指導教員の役割、指導者が知るべき診療放射線技術です。
 なお、臨床実習指導教員を取得するためには、公益財団法人医療研修推進財団(P-MET)が実施する診療放射線技師実習施設指導者養成講習会を受講し、かつ日本診療放射線技師会が実施する講習会(e-learning)を受講し、認定試験に合格する必要があります。

放射線被ばく相談員

 2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所の事故以来、人々の「被ばく」に対する関心は高まっています。これまでも診療放射線技師は医療の現場において、医療被ばくへの対応は行ってきましたが、原子力発電所の事故による環境汚染によって被ばくについての相談も増えているのが現状です。そのため、医療のみならず広く放射線被ばく全般の相談に対応できる人材として、平成26年度より放射線被ばく相談員を育成することになりました。
 なお、放射線被ばく相談員を取得するためには、日本診療放射線技師会が実施する講習会を受講し、認定試験に合格する必要があります。講習会の内容は以下のとおりです。

1)放射線被ばく相談員育成制度の意義
2)放射線被ばく相談員の倫理
3)災害時の被ばく相談
4)原発事故による非難生活とメンタルヘルス
5)医療被ばく相談
6)被ばく相談における傾聴の重要性
7)内部被ばくと福島の現状
8)リスク・コミュニケーション
9)放射線被ばくの測定法
10)傾聴訓練

認定資格の更新について

 本会の認定資格は5年ごとの更新制度を採用しています。更新のためには、以下のどちらかの要件を満たす必要があります。

  1. 書類審査では、更新カウントおよび生涯カウントの合計が5年間で100カウントを取得していること。ただし、更新カウントは1カウント以上取得していなければならない
  2. 更新のための書類審査、またはe-ラーニングによる講習、確認試験に合格すること
毎年、更新対象者に対して本会より更新の手引き(6月頃)が送付されますので、更新対象者は必ず確認するよ うにしてください。更新申請書類の提出締め切りは毎年9月末日です。なお、更新のための実績書類を提出せず更新講習のみを希望することも可能です。そのた めには、9月末日までに更新講習を受講するための意思表示が必要となりますので、更新の手引きにしたがって、更新講習の申請をする必要がありますので注意 してください。なお、平成25年度より更新講習会はe-learningにて実施いたします。

認定資格停止者向け講習会

 認定資格を一旦取得したにもかかわらず、更新できなかったもしくは更新しなかった者のために、認定資格停止者向け講習会を実施しています。認定資格を失効してから5年を超えなければ、認定資格停止者向け講習会を受講し確認試験に合格することで再認定が可能となります。なお、平成25年度より放射線機器管理士、放射線管理士、医療画像情報精度管理士の3認定資格、平成26年度より臨床実習指導教員についてもe-learningによる認定資格停止者向け講習会を実施しています。

業務拡大に伴う統一講習会

 平成26年6月の診療放射線技師法の一部改正の中で、(1)造影剤の血管内投与に関する業務、(2)下部消化管検査に関する業務、(3)画像誘導放射線治療に関する業務 については、平成27年4月1日から施行となります。診療放射線技師養成校については、教育内容の追加により、これまでの93単位から95単位へカリキュラムの変更が行われます。また、既卒の診療放射線技師については、職能団体等が実施する講習会を受講することになる予定です。

 日本診療放射線技師会では、業務が拡大される(1)から(3)を一括して、全都道府県で共通のテキストを使用して統一講習会として開催し、会員の受講を広く勧めていきます。

 開催は各地域で計画し、各都道府県技師会を主体に実施していきます。

 なお、このことから、平成26年度まで開催してきた静脈注射(針刺しは除く)に関する講習会及び注腸X線検査統一講習会は開催を終了しています。業務拡大に伴う統一講習会に包括されますが、今までに受講されたものについてはその項目を免除します。

認定診療放射線技師制度

 診療放射線分野において、熟練した診療放射線技術及び知識を用いて、医療安全の推進及び診療放射線技師の資質向上を図り、国民の生命及び健康の保持増進に寄与することを目的として診療放射線技師制度を設けています。

 平成27年12月現在、認定されている認定診療放射線技師分野はAi(死亡時画像診断)のみですが、平成28年度より上部消化管認定診療放射線技師、下部消化管認定診療放射線技師、画像等手術支援(Intelligent Imaging) 認定診療放射線技師が追加される予定ですので、日本診療放射線技師会誌などで確認してください。

Ai認定診療放射線技師

死後画像の撮影に関する知識や技術の向上と品質の確保ならびに公正を担保し、死因究明に必要な画像を提供できる環境の醸成を目的にAi認定診療放射線技師を認定しています。
Ai認定診療放射線技師の認定を希望する者は、以下のすべての要件を満たす必要があります。認定申請期間は毎年12月1日から翌年2月中旬までとなります。
  1. 日本国の診療放射線技師免許を有すること 
  2. 診療放射線技師免許取得後、通算5年以上の実務経験を有しており、そのうち通算2年以上はCT分野の経験を有していること 
  3. 本会が主催する診療放射線技師基礎講習「XCT検査」または日本XCT専門技師認定機構主催の「XCT認定技師講習会」、および死亡時画像診断(Ai)認定講習会を受講していること 
  4. 死後画像を検査した経験があること             

上部消化管認定診療放射線技師および下部消化管認定診療放射線技師

消化管に関する幅広い知識及び優れた診療放射線技術を有する診療放射線技師を育成することにより、消化管検査の質の向上、医療安全の確保、および標準医療を担保し、国民の健康と福祉に貢献することを目的に上部消化管認定診療放射線技師および下部消化管認定診療放射線技師の認定を行います。認定を受けるためには、日本診療放射線技師会が実施する上部消化管認定診療放射線技師認定試験及び下部消化管認定診療放射線技師認定試験を受験し、合格する必要があります。上部消化管認定診療放射線技師及び下部消化管認定診療放射線技師の認定期間は5年間です。

上部消化管認定診療放射線技師受験資格は、以下の全てを満たす必要があります。
  1. 日本国の診療放射線技師免許を有すること
  2. 診療放射線技師として5年以上の臨床経験を有していること
  3. 上部消化管に関する実務経験3年以上を有していること(実務経験証明書は医療機関もしくは検診機関において発行された実務経験証明書でよいものとする)
  4. 日本診療放射線技師会が認定した教育研修施設において、650時間以上の研修を終えていること
また、下部消化管認定診療放射線技師受験資格は、以下の全てを満たす必要があります。
  1. 日本国の診療放射線技師免許を有すること
  2. 診療放射線技師として5年以上の臨床経験を有していること
  3. 下部消化管に関する実務経験3年以上を有していること(実務経験証明書は医療機関もしくは検診機関において発行された実務経験証明書でよいものとする)
  4. 日本診療放射線技師会が認定した教育研修施設において、650時間以上の研修を終えていること

画像等手術支援(Intelligent imaging) 認定診療放射線技師

画像診断に関する幅広い知識、および優れた診療放射線技術を有する診療放射線技師を育成することにより、画像診断装置から算出される3次元画像の質の向上と画像手術支援に関する支援画像及び医療安全の確保、そして標準医療を担保し、国民の健康と福祉に貢献することを目的に、画像等手術支援8Intelligent imaging) 認定診療放射線技師の認定を行います。
認定を受けるためには、日本診療放射線技師会が実施する画像等手術支援(Intelligent imaging) 認定試験を受験し、合格する必要があります。画像等手術支援(Intelligent imaging) 認定診療放射線技師の認定期間は5年間です。

画像等手術支援(Intelligent imaging) 認定診療放射線技師の受験資格は、以下の全てを満たす必要があります。
  1. 日本国の診療放射線技師免許を有すること
  2. 診療放射線技師として5年以上の臨床経験を有すること
  3. 日本診療放射線技師会が認定した教育研修施設において3次元画像作成および手術支援など画像診断装置に関する実務経験3年以上を有すること
  4. 日本診療放射線技師会主催の基礎講習「画像等手術支援」を修了していること
  5. 日本診療放射線技師会が認定した教育研修施設において、650時間以上の研修を終えていること
 なお、3.と4.においては日本X線CT専門技師認定機構のX線CT認定技師取得者は修了したとみなし免除する。

その他

今後、他の分野の認定制度が追加される予定ですので、日本診療放射線技師会誌もしくはホームページにてお知らせ致します。
ページトップへ