平成25年度 JART主催レントゲン週間イベント開催報告

横浜クイーンズスクエア クイーンズサークルで11月3日に開催しました!

 平成25年度のJART主催レントゲン週間イベントは、横浜のみなとみらいにあるクイーンズスクエア内クイーンズサークルで開催しました。この場所での開催は今回が3回目で、少しずつ内容を充実させて、多くの方にご参加いただいています。
設営風景
会場はここ。準備中の写真です。ステージでは「診療放射線技師の仕事紹介」、「放射線のことを勉強しましょう」、「CTの画像処理体験クイズ」を行いました。

会場レイアウト

ステージで行うトークショーの他、会場にはCT画像処理体験コーナー、無料骨密度測定体験コーナー、パネル展示コーナー、診療放射線技師の仕事紹介コーナーを設けました。

はじまり、はじまり!

小川副会長
始まりのあいさつをする小川副会長
小野理事
総合司会の小野広報担当理事
実行委員
青いジャンパーは実行委員の皆さんです。この会場をお客さんでいっぱいにしよう!

トークショー1 〜診療放射線技師のお仕事紹介〜

 診療放射線技師のお仕事紹介コーナーでも配布したパンフレットの内容をスライドにまとめ、若手診療放射線技師の二人に、わかりやすくお話していただきました。

 診療放射線技師は、病院の中で放射線や電波などのような目に見えないいろいろな物理現象を利用して、身体の中を覗き見る検査をしています。病院でお医者さんに検査するように言われた時、どんな検査をするのか心配になりますよね。「そんな時は、私たち診療放射線技師に聞いてください。」というメッセージが込められた、素敵なお話を聞くことができました。

 ここで紹介した内容の一部は、このホームページにも掲載しています。興味がある方は、どうぞ御覧ください。
会場風景
会場風景です。沢山の方にご参加いただきました。小さなお子さんも観てくれました。
お仕事図鑑
診療放射線技師の仕事を図鑑にして紹介しました。いろんな仕事があるんですよ。
豊田奈規さん
プレゼンターの豊田奈規さん
丸武史さん
プレゼンターの丸武史さん

トークショー2 〜放射線のことを勉強しましょう〜

放射線のことを勉強しましょう
 パネル展示コーナーには、放射線のことを説明するパネルを展示しました。その内容を説明するトークショーを若手女性診療放射線技師のお二人が担当しました。ちょいちょいおっさん(小野理事)が顔を出しましたが、楽しく放射線のことを学べるコーナーでした。

 怖くて、難しい印象がある放射線ですが、放射線を上手に利用しているのが医療で行う検査や治療なんですよ。機会があったら、みなさんも勉強してみませんか?




 このホームページにも放射線の簡単な説明を掲載しています。興味がある方は、どうぞ御覧ください。
齋藤敦子さん
プレゼンターの齋藤敦子さん。
小林水紀
プレゼンターの小林水紀さん。
線量測定
肥料の放射線量を測定してみました。身の回りの放射線にも触れることができました。
小野理事
会場からの質問に答える小野理事。

トークショー3 〜CTの画像処理体験クイズ〜

 病院で行っているCT検査がどういうものかを分かっていただくために、簡単に原理を説明しつつ、どんな感じで断層写真を撮って、どうやって画像再構成処理(断層画像から三次元画像を作る処理)を行って、どんなふうに観察しているのかを、体験してもらうクイズを行いました。身の回りのいろいろなもののCT画像を撮影し、それが一体何かを当ててもらうクイズです。小さなお子さんからお年寄りまで楽しく参加できるコーナーでした。
会場風景
小さなお子さんも参加できる楽しいクイズでした。
会場風景
会場の全景です。とっても盛り上がりました。

その他の会場のようす

骨密度測定体験コーナー
無料骨密度測定体験コーナーです。大盛況でした。
骨密度測定体験コーナー
超音波を利用して、足を乗せるだけで検査できます。
骨密度測定体験コーナー
参加してくださった方とふれあうことができるイベントでした。
CT画像処理体験
本物のCTの画像処理装置を持ち込み、一般の方にも体験していただきました。
来場者
診療放射線技師の仕事紹介コーナーで配布したパンフレットも好評で、沢山の方に読んでいただきました。
アンケート
簡単なアンケートに答えていただきました。

おしまい

 多くの方にご参加いただき、大変楽しいイベントとなりました。私たち診療放射線技師が病院でどんな仕事を担っているかをもっと多くの方に知っていただき、身近な放射線の専門家として頼れる存在になれれば、病院に訪れる方が、安心して安全な医療を受けられることに繋がるのではないでしょうか。できれば、子どもたちが憧れる職業にしたいなあ。

 このイベントは、平成26年度も同じ会場で実施する予定です。
ページトップへ