骨関節撮影分科会について

骨関節撮影分科会委員

委員長・会長

安藤 英次 (大阪ハイテクノロジー専門学校)

委員

飯田 譲次 (真泉会 今治第一病院)
吉田 和則 (東京医科大学病院)
油原 俊之 (元)東京女子医大)
中川 英之 (清水赤十字病院)
難波 一能 (とうかい整形外科かわげ)
川端  潤 (産業医科大学病院)
関  将志 (北里大学病院)
菊原 喜高 (昭和大学病院)
鈴木 義曜 (下田メディカルセンター)
筑後 孝夫 (株式会社 グローバルヘルスコンサルティング ジャパン)

骨関節撮影分科会とは

 骨関節撮影は、医療の施設規模に関係なく多くの施設で行われているにも関わらず、新しい撮影法や読影法に関する勉強会や研究会が少なく、技術レベルもさまざまであるのが現状です。本分科会は、簡便性や経済性に優れるX線撮影に始まり、最先端の技術を必要とするCTやMRI検査など、モダリティの枠にとらわれず、骨関節撮影についての技術を学べる会にしたいと考えております。
 診療放射線技師の提供する画像が初診診断から手術治療計画の画像として、さらに治療後の経過を観察する画像を得るために必要な撮影技術とはどのようなものか、骨関節撮影に対する意識を変え、撮影技術の深さと魅力を発信し診療放射線技師として患者にとって利益に繋がる撮影技術の指導をおこなう会でありたいと考えております.

・骨関節撮影を行う診療放射線技師として患者にとって利益に繋がる撮影技術の指導をおこなう
・診療放射線技師として患者にとって有益な撮影技術の指導をおこなう
・診療放射線技師として患者にとって利益に繋がる画像読影の指導をおこなう

【活動内容】
2016年度骨関節撮影分科会として日本診療放射線技師会で発足しました。現在、以下の活動を軸に分科会業務を展開しています。

・地域における撮影セミナーの開催(年2回)
・日本診療放射線技師学術大会においてシンポジウムを開催
・日本診療放射線技師学術大会において骨関節撮影における補助具作成セミナーを開催

イベント情報

都道府県名日程イベント名会場主催備考
ーー ーー 予定はございません
ーー ーー
ーー
ページトップへ