医療画像情報精度管理士分科会について

医療画像情報精度管理士分科会委員

委員長・会長

小西 康彦

委員

上杉 正人
小林 林太郎
石森 光一
池田 龍二
永井 優一
原瀬 正敏
藤井 友広

医療画像情報精度管理士分科会とは

 医療画像情報精度管理士は、2012年に医用画像情報管理士(第1回認定試験2005年3月)に対し画像評価分野の知識を付加した認定資格として誕生しました。
 2005年はPACSが普及し始めた時代で、システム導入時には機器との接続に関する問題が多く、知識を持った診療放射線技師が必要とされていました。その後フィルムレス運用が進み、可搬媒体による画像連携の問題(DICOM規格違反・施設内運用)が表面化しました。
 また、画像データに対し個人情報保護の概念が普及し関連ガイドラインに準じた運用が求められました。
 現在では、増え続ける画像データ量への対応、24時間安定稼働、災害時運用などの大きな課題から、医用画像モニタ精度管理などの日々の管理業務まで診療放射線技師が関わる時代となっています。これらは施設単位で管理していくべき内容であることから、すべての医療機関に医療画像情報精度管理士が従事し医療画像情報の管理に携わることを目標に活動しています。

イベント情報

都道府県名日程イベント名会場主催備考
-- -- 予定はございません -- -- --
ページトップへ