読影分科会について

読影分科会委員

委員長・会長

加藤京一(学校法人昭和大学/昭和大学大学院)

委員

坂下惠治(独立行政法人りんくう総合医療センター)
川又郁夫(東海大病院)
市田隆雄(大阪市大病院)
吉田和則(東京医大病院)
宇内大祐(聖路加国際病院)
木暮陽介(順天堂大順天堂医院)
山川仁憲(慈恵大病院)
根本道子(慶應義塾大学病院)
安冨蔵人(北里大学)
奥田圭二(東京山手メディカルセンター)
赤井良太(豊田総合病院)

読影分科会とは

 厚生労働省医政局の「チーム医療の推進に関する検討会」の報告書資料(平成22年4月30日付け)によると、診療放射線技師については,(1) 画像診断における読影の補助を行うこと,(2) 放射線検査等に関する説明・相談を行うこと,が具体例として挙げられ、診療放射線技師を積極的に活用することが望まれるとされている。
 日本診療放射線技師会は、これを受けて同年6月に読影促進委員会を発足、会員の皆様に、厚労省の考えや、それに伴う取り組みなど、啓発、促進活動を、また各施設での取り組みについて紹介を行ってきた。その後平成24年10月より読影分科会として新たな活動を始めた。
 我々が必要とされる一例を挙げると、MDCTやMRIの断層画像は客観的データを提供でき、臨床医が利用することで、鑑別診断を絞り、診断の信頼度を高めることに貢献している。
 しかし、夜間診療の場では、専門性の高い臨床医が揃うことはまれで、診療放射線技師は、画像に慣れ親しんでいることから、異常所見のピックアップ能力に優れている。
 したがって、撮影を担当した診療放射線技師とのダブルチェックは、異常所見の見落とし減少につながる。読影分科会は、「診療放射線技師による読影の補助の必要性」について皆様と共に学び、研鑽を積みながら、その方向性を示して行きたいと考えている。

イベント情報

都道府県名日程イベント名会場主催備考
-- -- 予定はございません -- -- --
ページトップへ