「画像誘導放射線治療(IGRT)における診療放射線技師業務の実態に関する調査」について(お願い)

2021年4月1日

会員各位
 
公益社団法人 日本診療放射線技師会
会長 上田 克彦
放射線治療分科会長 川守田 龍
 
 平素は、本会の諸事業に対してご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 また本会が実施する各種調査に置きましては、多大なるご協力を頂き深く感謝いたします。
 さて本会では、国内で行われている診療放射線治療業務の実情把握の一環として、このたび、画像誘導放射線治療(IGRT)における診療放射線技師業務の実態を調査することといたしました。
 つきましては、本調査の趣旨をご理解いただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 質問事項の一覧(大項目1‐6)を事前にご確認いただくと、スムーズに回答が可能です。
  記
1.調査名 「画像誘導放射線治療(IGRT)における診療放射線技師業務の実態に関する調査」
2.調査内容 IGRTにおける診療放射線技師の業務範囲と課題に関すること
3.調査期間 2021年4月1日(木)〜 2021年6月30日(水)
4.調査の趣旨・目的 IGRTにおける診療放射線技師の業務範囲と課題を明らかにし、必要に応じて放射線治療業務の検討を行い、タスクシフティングが行われる場合には、円滑にシフティングできるよう課題解決に取り組むこと。
5.回答方法 (1)インターネットを使用して回答をお願い致します。(回答サイトは、外部サイトになります。)
(2)回答先
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfkmMXwn-DGDge3C-6tQwdQxNGnjOPGWWcjqVKw7B1O_MLkmQ/viewform

下記の「アンケートに回答する」ボタンからお願いします。
6.回答に際しての注意事項 回答される前に、「項目一覧(PDF)」にて設問詳細内容をご確認の上回答いただきますとスムーズに進めることが出来ます。
7.生涯学習カウント付与について 1施設1回答になりますが、協力した会員に社会活動カウント10カウントが付与されます。アンケート入力画面に協力者記入欄を設けています。記入欄を超える場合は問い合わせ先にご連絡下さい。
8.調査情報の取り扱いについて 調査結果については匿名化し、学術集会のシンポジウム、講習会、会誌、論文発表等により公表し、報告させていただきます。データの公表に際しては、個人や施設名等の情報は明らかにしません。
なお、アンケート回答後に調査参加拒否の申し出があった被験者のデータは、回答から削除し直ちに破棄いたします。
問合せ先 公益社団法人 日本診療放射線技師会
放射線治療分科会長 川守田龍
kawamoritaあっとtane.or.jp
(「あっと」を「@」に変更して下さい。)
 
以上
ページトップへ